採用情報
先輩メッセージ
Senior message

シーアンドエーコンピューターのことを知るのは、そこで働く先輩社員に聞くのが一番。
今は第一線で活躍している先輩も、みんな最初は新人でした。
たくさんの失敗した経験と、それを乗り越えてきた実績が現在につながっています。
まずは、彼らのメッセージを通じて、シーアンドエーコンピューターの仕事を知ってください。

Message 01
技術部システム課
松本 昂
(2006年入社)
Q.1
シーアンドエーコンピューターへの入社動機と、入社後の印象を教えてください

出身大学が東京工科大学メディア学部ということもあり、そこで学んだことを仕事に活かせればという考えからIT関連の仕事を志しました。就活ではたくさんの会社の採用説明会に足を運びましたが、この会社が一番“入社後のイメージ”ができたことを記憶しています。面接では現在の上司が応対してくれ、良いことも厳しいこともしっかり話してくれました。他の企業は、どちらかというと就活向けの応対といいますか、入社した途端に担当者との関係性がガラリと変わりそうな気がしたんですね。


実際に入社後もイメージ通りの会社でした。たとえばその1つに決定権のある人との距離感が近いことが挙げられます。そのため自分の考えや意見を直接ぶつけることができるのです。思い返すと、生意気にも入社1年目から上司に意見をぶつけていました。理詰めで諭されて却下されたのを覚えています(笑)。でも、そうした“聞く耳”を誰もが持っているというのが、当社の社風ですね。アイデアも出せるし、わからないことがあれば誰にでも質問もできる。最近では自分自身もそうだなと思いますが、社員全員が“教えたがり屋さん”なんですね。

Q.2
現在の仕事の内容と、そのやりがいについてお聞かせください

これまで建築・土木に関わる購買、営業支援、積算など、多様なシステム開発に関わってきました。その中で感じるのは、あらゆるシステムが現場ありき、お客様のニーズありきだということです。企業によって業務に対する考え方や流れも異なります。つまり、そうしたことを踏まえたオーダーメイドの開発でない限り、「パッケージソフトでいいじゃないか」ということになってしまいますから。だからこそ業界やシステムについて、仕事を通じて様々なノウハウを得てきた実感はありますね。


入社して6年目から、リーダーのポジションを任されるようになりました。最初は2名のチームリーダーからのスタートでしたね。そこで改めて感じたのは、当社が基本的にプライムベンダー(元請け企業)であるということ。お客様と直接コミュニケーションを取り、お客様と協力しながらシステムをつくり上げていくことは、決して流れ作業ではできません。それが自分自身の成長にも繋がっていると実感しますね。もちろん、システムを利用するお客様から直接感謝される立場であることにも喜びを感じます。


その一方で、責任の大きさも感じます。たとえば購買システムに万一エラーが起きたら、その期間は資材等の発注もままなりません。工期の遅れにつながってしまいます。また、電子的契約では印紙税が非課税扱いになりますが、これが止まってしまったら、お客様に直接的な損失が生じてしまいます。社員皆がそのことを認識しているので、困りごとには皆で対処するチームワークが当社の強みでもありますね。

Q.3
将来に向けて描いているビジョンを教えてください

これまで私が関わってきた業務のおよそ8割がネイティブアプリです。しかしこれからは、Webブラウザ上で実行されるWebアプリがさらに台頭してくることは容易に想像できます。ですからまず、その知識とノウハウを積み重ねていきたいですね。当社では、納期とクオリティを満たせば、自由な裁量のもとで時間のやりくりをすることができます。納期間際になれば残業も生じますが、早く帰れる時はスパッと帰って、プライベートを大事にしつつ、新たな知識を得る時間を割いていきたいですね。

同時に、お客様から「シーアンドエーさんはWebアプリも強い」と認知いただかないと仕事が発生しません。そのためには、リーダーのポジションとしてこれからもお客様としっかりコミュニケーションを図っていこうと考えています。

システムの組み方も日々刻々と変わっていくことでしょう。既存の常識にとらわれず、どんどん新たなことにトライしていきたいですね。そんな私たちと一緒に成長を目指してくれる方、ぜひお待ちしています。

Message 02
技術部システム課
石井花梨
(2015年入社)
Q.1
シーアンドエーコンピューターへの入社動機と、入社後の印象を教えてください

桜美林大学に在学中は心理学を専攻していました。コンピュータに関する授業も受けていましたが、プログラミングに関する知識はほぼ皆無でした。でも、パソコンやスマホだけでなく、生活の至るところで稼働しているシステムをつくることに、漠然とした興味と魅力を感じていたのは事実です。加えて建築・土木というひとつの分野に特化している当社でなら、より専門性の高いSEになれそうだなと感じて入社しました。


入社してしばらくは研修期間です。教育係の先輩が手とり足とり基礎から教えてくれました。簡単なコードを書いて、それが実際に正しく動いた時はやっぱり嬉しかったですね。それと同時に、もっと奥深い世界が広がっていることも感じ、その入り口に立ったような気持ちでした。


入社後から現在に至るまで変わらずに感じているのは、働きやすさです。新卒入社なので他社との比較はできませんが、「やるときは、やる」という真面目な雰囲気がベースとしてありつつも、技術について話し合う声や、時には笑い声も聞こえてくる…そんな職場です。


また、「土木・建築」「SE」というと男性ばかりの職場をイメージする人もいるかと思いますが、当社は約2割が女性で、年が近い先輩もいます。色々な相談に乗ってくれて、心強いですね。それと、お休みもしっかり取れています。オンとオフのメリハリをつけられるのもいいですね。

Q.2
現在の仕事の内容と、そのやりがいについてお聞かせください

現在は、土木や建築の現場で施工管理者が使用する原価管理システムに携わっています。といっても1から開発するスキルはまだありません。既存システムを使用しているお客様からのニーズに耳を傾けて、改善していくことが私の業務です。具体的には「ここにボタンを追加してほしい」「表出力をもっとスムーズに行いたい」といった要望を実装し、テスト・検証を行っていきます。


以前、改善後に自らテストして「問題なし!完了!」と思いきや、上司の最終チェックによって正常に作動しないことが分かったことがありました。そのままお客様に実装完了の旨を伝えていたら…と考えたら、かなり冷や汗をかきましたね。工事の原価率を抑えるため、人件費や資材費などをリアルタイムで管理するシステムですので、正常に計算できない状況は致命的です。お客様がどういった事態に陥ってしまうのか、常に緊張感を持って業務にあたらないといけないなと再認識しました。でも、緊張感と責任感のある仕事に就けていることこそが“やりがい”でもあります。プログラムを動かすことができるやりがいに、お客様の使い勝手が向上し、喜んでもらえるやりがいが加わったといえるかもしれません。

Q.3
将来に向けて描いているビジョンを教えてください

今の仕事の使用言語はVB.NETです。でも、扱うシステムによって使う言語も変わってきます。他の言語を覚えて様々なシステムも扱えるようになることが当面の目標です。そして、ゆくゆくは私も新入社員を教える側に回ることになります。その際、私自身が入社して、先輩に対して「ありがたいな!」「助かるな!」と感じたことを、教える側として実践したいですね。突き放すようにして覚えなさい、ということとは真逆で、誰にでもすぐアドバイスを仰げる環境づくりを私も継承していきたいです。


そしてもうひとつ、プロジェクトをマネジメントできる存在になりたいと感じています。やっぱり、プロジェクトマネージャーはすごいです。質問に対してピンポイントで的確に答えてくれますし、プロジェクト全体をしっかり把握しています。私はまだお客様とのミーティングには1度しか同席したことがありませんが、先輩たちのコミュニケーションもしっかり見習っていきたいと感じています。ともあれまずは、シーアンドエーコンピューターの、れっきとした“戦力”になることからですね。